青汁って副作用あるの?

青汁は健康というイメージが強いです副作用という言葉は意外ですよね?

普段の生活で野菜が不足しがちな私たちにとって、青汁で野菜不足を補うのは
手軽にできるのでおすすめです!

基本的には、副作用がある訳ではありませんので、安心してくださいね。
ですが、中には青汁を飲んだり摂取して違和感を感じる方もいらっしゃるので、
青汁の副作用についてご紹介いたします。


青汁でお腹をくだす、便秘になる
青汁にはたくさんの食物繊維が含まれています、このお陰で便秘が解消になるのですが、
食物繊維を多く摂取する為に、逆に便秘やお腹を下す方もいらっしゃいます。
急に食物繊維をたくさん摂ると、体がびっくりしてしまいお腹を下すこともあるようです。

また、「食物繊維を摂りすぎると便秘になる」ということを
一度耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

食物繊維について少し説明すると、食物繊維は2種類の分けられます。
一つ目が「水溶性食物繊維」、二つ目が「不溶性食物繊維」です。
その名の通り、水に溶けやすい食物繊維と水に溶けにくい食物繊維です。

【水溶性食物繊維】
水溶性食物繊維は、糖の吸収を遅くして、急激な血糖の上昇を防いでくれます。
海藻類、果物、いも類、野菜、豆類に多く含まれています。
主な食材は、エシャロット、納豆、にんにく、ゆりね、ごぼう、レモン等

【不溶性食物繊維】
不溶性食物繊維は、水分を吸収しかわを増し、腸内を刺激して、排便に繋げます。
その効果で便秘の解消に良いとされています。
穀類、豆類、きのこ類、いも類、野菜に多く含まれています。
主な食材は、茹でたインゲン豆、茹でたひよこ豆、おから、小豆、くり、茹でたエンドウ豆等

これらの食材を、水溶性 :不溶性=1:2で摂ることが理想とされていいます。
食物繊維を摂っているのに、便秘が改善されない方は、
2つのバランスを見直してみると良いかもしれません。
バランス良く食べて便秘解消しましょう。