野菜不足での症状A 〜便秘〜

普段の生活では、私たちは基本的に野菜不足になっている人がほとんどです。
特に一人暮らしをしていると一人でささっとご飯を済ませてしまうことって多いですよね。
さっと買えて美味しいコンビニやスーパーご飯や外食なんかが自然と増えてきます。

【便秘】
野菜には食物繊維、ビタミン、ミネラルがたくさんに含まれています。
野菜不足になると、野菜に含まれる食物繊維も不足します。野菜不足になると、腸の動きが鈍くなり便秘になります。野菜をしっかりと摂って、大腸に食物繊維を送って健康な腸になりましょう。

1日に摂取した方が良い野菜の量は350gと言われています。両手に山盛りで溢れるくらいの量です。野菜には、良く耳にする緑黄色野菜と、あまり言葉自体は聞き慣れない淡色野菜です。

緑黄色野菜は、ピーマン、トマト、ほうれん草、かぼちゃ、にんじん、ブロッコリー色の濃い野菜が中心となります。

淡色野菜は、レタスやなすきゅうり、もやし、大根、タマネギ、白菜等、名の通り色の薄い野菜になります。

350gの内訳の理想は
緑黄色野菜:120g
単色野菜:230g

が、理想の摂取量とされています。

生野菜だとこの量を食べるのはかなり難しいので、
煮物やお浸しなどでカサを減らした調理法がおすすめです。冬の時期ならみんなが大好きなお鍋が良いですね。野菜不足で便秘になると、肌荒れや吹き出物を引き起こしてしまいます。

バランスの良い食事を目指して、まず主食を基本と肉や魚等の主菜、更に副菜(小鉢系)をバランス良く食べれるのが理想です。3色しっかりと食事をとって、健康&美肌を目指しましょう!