野菜不足での症状@ 〜肌荒れ〜

便秘で悩む女性は多いですよね。
私の周りでも便秘で悩んでいる友人がたくさんいます。

日頃、私たちは野菜が足りていないことが多いです。
野菜不足になると、何が起こるかというと、、、

「肌荒れ・便秘・貧血・イライラ」

こんな症状を起こしてしまいます。
それぞれの症状の原因や必要なビタミンをご紹介いたします。


【肌荒れ】
肌荒れにはやっぱりビタミンCが大切です。
ビタミンCには、アンチエイジング効果があります。抗酸化作用があり、メラニン色素の生成を抑制する働きを持っているので、シミ対策にも効果があります。

また色素沈着も防ぐので、紫外線をたくさん浴びてしまった時には、しっかりとビタミンCを摂ってメラニンの抑制を抑えましょう!

ビタミンCを多く含む食材は、赤・黄ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリー、レモン等です。はっさくやぽんかん、いよかん等の柑橘系にはビタミンCが含まれているので、体に摂りいれやすいですね!

その他、
ビタミンB2が不足には、皮膚の粘膜を助けたり、新しい細胞を生成するのを助けてくれます。
また体内で酵素を助ける補酵素の役割があり、ダイエットのサポートもする栄養素です。

ビタミンB2は多く含む食材は、レバー、アーモンド、いかなご、うなぎ、たらこ等です。
いくらやたらこ、うになどの玉子等に多く含まれています。